SLP型平行高圧反応器仕事の原理|SLP型平行高圧反応器仕事の原理

特許製品:SLPシリーズ平行高圧反応器は、反応釜や制御係統の2部構成。|

|触媒マイクロ高圧反応釜、平行反応器、サファイア反応釜、平行に水素化反応器。|

|いち.反応釜は2セットの釜体、釜カバー、内磁子、攪拌するの仕事の原理は電機ほか磁性鋼体を回転して、外を通じてマグネット磁力線結合内磁子より、内釜内回転攪拌磁子。|

|に.モジュール電気加熱の仕事の原理は:電気ヒータ注入モジュール内に、加熱器は熱量を通じて更に均一モジュール伝来釜内釜内の物質を均一に熱を化学反応。|

|さん.制御システム部分の制御速度、温度は、制御装置完成。制御器に回転数表示、温度設定が示して調節つまみ回転、ボタンをコントロールできる温度、温度調節仕事の原理:電源を入れて、インストールは反応釜内の温度センサーは相応の信号伝送制御器に、制御器は相応の信号に行表示の同時に、それぞれ温度とを通じて信号温度設定信号を比較した後で、加熱効率をPID規則のオンーオフ式あるいは位相変調式を調節して、実際の温度に達すると設定温度一緻の目的。

About hanson 9183 Articles
y6c1aPLKl$lO5k7REpe8jw1Z